このエントリーをはてなブックマークに追加
owarai_バナー_4

6月24日(水)にラバーガールが大人計画の細川徹氏とタッグを組んで3作目となる、ラバーガール solo live +「GIRL」の模様を収録したDVDを発売する。
細川氏とタッグを組んで、それまでのラバーガールから大きく進化している。
今作が3人での集大成のライブと位置づけているだけあり、ラバーガールも細川氏もさらに気合の入った作品になったのではないだろうか。

インタビューの前編ではラバーガール solo live +「GIRL」のコンセプトやネタについて話を聞いた。
ぜひ、二人の声を読んで、感じていただきたい。


<Profile>
ラバーガール(飛永 翼、大水 洋介)
JCA10期生として入学し、コンビを結成。
「エンタの神様」(日本テレビ)や「爆笑オンエアバトル」などで独自のコントで人気になり世間の注目を集める。
2006年には「お笑いホープ大賞 THE FINAL」Tokyo Walker賞を受賞。2007年には「爆笑オンエアバトル」(NHK)チャンピオン大会に出場、2010年〜2012年は3年連続で「オンバト+」(NHK)チャンピオン大会に出場。「キングオブコント2010」、「キングオブコント2014」では決勝進出を果たしている。
2007年から毎年単独ライブを行っており、その単独ライブの模様を収めたDVDも毎年リリースしている。
2013年からは細川徹氏(大人計画)とタッグを組み、2013年「ラバーガール solo live+『GAME』」、2014年「ラバーガール solo live+『T/V』」、2015年「ラバーガール solo live +『GIRL』」を開催した。


集大成で最高傑作のものを創ろうという感じで

—— 今回のDVDに収録した「ラバーガール solo live +『GIRL』」のコンセプトをお教えていただけますか?

飛永 :言っちゃえ!言っちゃえ!

大水 :作家の細川さんと一緒にライブをやるようになって、今回で3回目なんですけど。とりあえず3回一緒にやって、そのあと一緒にやるかどうかはこれから考えようみたいな感じで始めたんですけど。

今回3回目なんで集大成で最高傑作のものを創ろうという感じで、タイトルもラバーガールなんで「GIRL」でいいかみたいな。
それで「GIRL」とつけたんで女の子にちなんだネタをいっぱいやった感じですかね。

飛永 :まとまってるね〜。

一同:笑

大水 :なんせ2回目なんで(笑)
※このインタビューの前に他誌のインタビューでも、コンセプトについて話していた。

大水さんに、何かやらせるのが面白いってなったんですよ

—— 今回のDVDの中で、お気に入りのネタはなんですか?

飛永 :僕は「WAKE UP OHMIZU」ですかね。「GAME」を細川さんとやってる時、大水さんに負担をかけるのが面白いっていうのがありまして(笑)

前回でもダンスのネタがあって、その前が殺陣をやって。大水さんに、何かやらせるのが面白いってなったんですよ。
今回もその中で「WAKE UP OHMIZU」っていうダンスをやらせるのがあったんですけど、すごいダンスを嫌がるんですよ。

それで作っていく中で、なんとかパラパラだったらギリギリやれるってなって、パラパラをやってもらってるんですけど。曲を作って、ダンスの稽古をして、実際に出る若手とリハーサルでパラパラをやってるのを見た時、「これは面白いのができたな!」っていう実感がありましたね。

—— 大水さんのパラパラダンスは衝撃的でした!

飛永 :お客さんも盛り上がってたし、面白いなって思いますね。

—— すごい上手に踊られてましたけど、大水さんはパラパラは得意なんですか?

大水 :いや、得意ではないですけど(笑)

飛永 :やってたんだっけ(笑)?

一同:笑

大水 :同期の芸人で慶っていうチャラ男の芸人(現・ワタナベエンターテインメント所属)がいるんですよ。その人に振付を教えてもらったんですけど、どうだろうな〜?

飛永 :いや、センスあるって言ってたよ。「大水って、パラ歴何年だっけ?」って聞かれてたじゃん(笑)

一同:笑

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
OWARAI FAVCLIP
最強のお笑いニュースサイト「OWARAI FAVCLIP」です。 お笑いの最新情報などを毎日たくさん配信しているので是非とも遊びに来て下さい(^^)