シアタークリップ_バナー_3

世界中で愛され続けるロングセラー絵本「100万回生きたねこ」が成河、深田恭子らによりミュージカル化され、8月15日(土)から東京芸術劇場プレイハウスで幕を開ける。その製作発表会見が6月29日(月)行われ、成河、深田恭子が登壇した。

【製作発表会見の写真はこちら】

その魅力的なストーリーから、これまでに幾度か舞台化されている「100万回生きたねこ」。イスラエルの演出家ユニット、インバル・ピントとアブシャロム・ポラックによって、2013年ミュージカルとして息吹を与えられ、そのノスタルジックで瑞々しく、いまだかつてない世界観を創出させると、読売演劇大賞にノミネートされるなど高い評価を得て、評判を呼んだ。そして、今年、成河と深田により再演されるにあたり、演出家の二人は前作をそのままなぞるのではなく、再び、作品と向き合い、更に精度の高いものに仕上げる。また、過去に山瀬まみ、満島ひかりが演じた“白ねこ&女の子”役は本作で初舞台となる深田が演じる。これまで映像中心に仕事をしてきた彼女が初舞台を踏むことで、どんな変貌を遂げるのか期待。

100万回死んで、100万回生きたとらねこ(成河)。その中で出会った飼い主は誰も好きではなかった。しかし、ある時、1匹の白ねこ(深田恭子)と出会うことで、彼の価値観が大きく変わった。100万回の生と死の果てに、生きるとは何か、死ぬとは何かを問う。

会見で、深田は「この役で初舞台で踏むなら本当に幸せなことだなと」現在の気持ちを述べた。また、成河は作品の魅力を「おもちゃ箱をひっくり返したような、楽しさがあります」と語った。このほかにも、お互いの印象や、実際会ってみての感想も。そして、今回、猫役が決まり、これまでと猫への見方が変わったことなどが訊ねられた。

この製作発表会見をシアタークリップは動画で限定配信。
ぜひ、ご覧ください!

★チケット購入へ

(左より)成河、深田恭子


ミュージカル『100万回生きたねこ』 

<公演日>
東京公演:8月15日(土)~8月30日(日) 東京芸術劇場プレイハウス
金沢公演:9月3日(木)〜9月4日(金) 本多の森ホール
大阪公演:10月2日(金)~10月4日(日) シアターBRAVA!

<原作>
佐野洋子(「100万回生きたねこ」講談社刊)

<演出・振付・美術>
インバル・ピント、アブシャロム・ポラック

<出演>
成河 深田恭子/近藤芳正 田口浩正 石井正則/銀粉蝶 藤木 孝
江戸川萬時 加賀谷一肇 鈴木 竜 川合ロン 皆川まゆむ 清家悠圭 鈴木美奈子 山口真美 西山友貴

ミュージカル『100万回生きたねこ』公式HP

ミュージカル『100万回生きたねこ』公式Twitter

シェア
THEATERCLIP
「シアタークリップ」は様々な演劇、ミュージカル、歌舞伎などを紹介する総合演劇専門サイト。 「オリジナル限定動画」を中心に最新の演劇ニュースをほぼ毎日配信中!!是非フォローよろしくお願いしますー♪