ビジュアル最強アイドル!夢みるアドレセンスが7月15日にリリースするセカンドシングル『サマーヌード・アドレセンス』のMV撮影現場に潜入したドーラ取材班。第1回では夢みるアドレセンスの基本情報と撮影現場1日の流れ、そして第2回ではMV制作に関わるスタッフ陣へのインタビューをお送りしました。

第3回は夢みるアドレセンスの志田友美さん、小林玲さんへのインタビューを敢行!『サマーヌード・アドレセンス』の聴きどころ、見どころ、また東名阪でのワンマン「#ユメトモの輪ツアー2015春」を終えての感想などを伺いました。お二人の様子を動画と文章でお楽しみ下さい!

真心ブラザーズの名曲『サマーヌード』を再構築した『サマーヌード・アドレセンス』

小林玲さん、志田友美さんにインタビュー
小林玲さん、志田友美さんにインタビュー

-これまではクールな感じの曲が多かったですが、今回の『サマーヌード・アドレセンス』で気を付けた所、心がけた所はありますか?

志田友美(以下、志田):真心ブラザーズさんの曲を再構築させていただくということで、すごいプレッシャーもあったんですけど、とにかく夏っぽく、楽しく歌おうと心がけました。
小林玲(以下、小林):お母さんが知っていたんですよ。真心ブラザーズさんの『サマーヌード』を。それを歌わせていただくということで、年代が違うけど、私たちが歌うことによって、私たち世代の方にも好きになってもらえたらいいなと思って歌いました。

-過去の『サマーヌード』と違った夢アドverとして完成した『サマーヌード・アドレセンス』ですが、自分たちなりの新解釈というものはありますか?

小林:私は聴いていて、好きな人が出来たけど、今まで付き合っていた人の事を忘れられない女の子なのかなって思いました。歌詞に【大好きだった】ってあるんですけど、前の子との感情を晴らすために、今の子と付き合っているのかなって。

『サマーヌード・アドレセンス』の解釈を話す小林玲さん
『サマーヌード・アドレセンス』の解釈を話す小林玲さん