このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジュアル最強アイドル!夢みるアドレセンスが7月15日にリリースするセカンドシングル『サマーヌード・アドレセンス』のMV撮影現場に潜入したドーラ取材班。第1回では夢みるアドレセンスの基本情報と撮影現場1日の流れ、そして第2回ではMV制作に関わるスタッフ陣へのインタビューをお送りしました。

第3回は夢みるアドレセンスの志田友美さん、小林玲さんへのインタビューを敢行!『サマーヌード・アドレセンス』の聴きどころ、見どころ、また東名阪でのワンマン「#ユメトモの輪ツアー2015春」を終えての感想などを伺いました。お二人の様子を動画と文章でお楽しみ下さい!

真心ブラザーズの名曲『サマーヌード』を再構築した『サマーヌード・アドレセンス』

小林玲さん、志田友美さんにインタビュー
小林玲さん、志田友美さんにインタビュー

-これまではクールな感じの曲が多かったですが、今回の『サマーヌード・アドレセンス』で気を付けた所、心がけた所はありますか?

志田友美(以下、志田):真心ブラザーズさんの曲を再構築させていただくということで、すごいプレッシャーもあったんですけど、とにかく夏っぽく、楽しく歌おうと心がけました。
小林玲(以下、小林):お母さんが知っていたんですよ。真心ブラザーズさんの『サマーヌード』を。それを歌わせていただくということで、年代が違うけど、私たちが歌うことによって、私たち世代の方にも好きになってもらえたらいいなと思って歌いました。

-過去の『サマーヌード』と違った夢アドverとして完成した『サマーヌード・アドレセンス』ですが、自分たちなりの新解釈というものはありますか?

小林:私は聴いていて、好きな人が出来たけど、今まで付き合っていた人の事を忘れられない女の子なのかなって思いました。歌詞に【大好きだった】ってあるんですけど、前の子との感情を晴らすために、今の子と付き合っているのかなって。

『サマーヌード・アドレセンス』の解釈を話す小林玲さん
『サマーヌード・アドレセンス』の解釈を話す小林玲さん

-それって、本当は前の子の方が好きってことですよね?

小林:そうなのかなって思いましたね。
志田:曲調が明るくてさわやかな夏ソングなんですけど、歌詞を見ると切なかったり、心がグッとなる歌詞が多いので、PVのさわやかさと歌詞も一緒に聴いて良い曲だなって思ってくれると嬉しいです。
小林:重たくならないよね。
志田:PVも先ほど撮ってきたんですけど、素なんですよ。そんな所も楽しんでほしいですね。

-どんな人に聴いてほしいというのはありますか?

志田:真心ブラザーズさんのファンの方にも聴いてほしいですね。
小林:そうだね。

色々な世代の方に聴いてほしいと話す志田友美さん
色々な世代の方に聴いてほしいと話す志田友美さん

-MV撮影の前に必ずやっていることはありますか?

小林:撮影の何週間前から、食事に気を付けて、前日にはパックとかスキンケアをいつもより念入りにやって。
志田:女子だからね!
小林:そう!長時間かけて。ちゃんとメディキュットも履いて。
志田:ホントに?
小林:ホントに履いてるよ!脚をスッキリさせるために、マッサージとかもしますね。色々やってます。前日にかけて追い込みかけてますね(笑)
志田:衣装によってお腹が出たりするものもあるので、それを前もって聞いて。それ次第ではお腹も引き締めないといけないので、寝る前に腹筋をメッチャします。腹筋が割れている人の動画を見ながら。毎日5分間の動画なんですけど(笑)あと、昨日は顔のマッサージに行きました。

MV撮影前に行うメンテナンスについて話す2人
MV撮影前に行うメンテナンスについて話す2人

目指すは女性版SMAP

-4月に中野サンプラザでのライブがありましたが、いかがでしたか?

小林:今までで一番大きな会場だったので、見る景色がいつもと違いましたね。サイリウムとかも…ステージで鳥肌が立ちました。
志田:演出も新しい事だらけで、客席から登場してみたり、椅子を使ってみたり、夢アド的にもすごく成長できたのではないかなって思います。
小林:ファンの方にも夢アドの新しい部分を見せることができたんじゃないかなって思います。

-次の目標は何ですか?

小林:どこの会場に立ちたいっていうのは無いんですけど、とにかく全国ツアーがしたいです。今回の中野サンプラザは東名阪ツアーの最終公演だったんですけど、東名阪だけでなくて、他に会いに来ることができない人たちに私たちが会いに行きたいですね。
志田:夢アドは個人の仕事を多くやらせてもらっていて、個人で成長しながら、夢アドで集まった時にはもっと力を発揮するみたいな。SMAPさんみたいなグループになりたいです。
小林:なりたいね。

-グループとしての目標はSMAPさん?

小林:ずっとなんですよ。結成した時からSMAPさんみたいになれたらいいなって。
志田:個人の活動もすごく多くて、一緒になった時にオーラとパワーを発揮して尊敬します。女性版SMAPさんを目指します!

女性版SMAPさんを目指します!
女性版SMAPさんを目指します!

-ライブでは大喜利にも挑戦していましたが…。

小林:やりましたね(笑)
志田:シュールだったね。中野サンプラザで大喜利やるとは思わなかった。私、脚つったんですけど(笑)
-大喜利の他に、こんなこと挑戦したいというものはありますか?
志田:やっぱり、大喜利やって思ったんですけど、もっと笑いのレベルを上げなきゃなって思いました。ギャグセンスとか。
小林:あと、トーク力ですね。夢アドは一人ひとりがメッチャしゃべるんで、まあ私はアレなんですけど(笑)。みんなが一斉にしゃべって、何言ってるかワケ分かんなくなっちゃうんです。

-そういう時にまとめるのは誰なんですか?

小林:(荻野)可鈴ちゃんかなぁ?
志田:リーダーが「ちょっとちょっと!」って。
小林:そういう技術をみんなが持てるようになるといいですね。

東名阪でのワンマンライブ、「#ユメトモの輪ツアー2015春」で成長したと思うところはありますか?

小林:自分に少し自信を持てるようになりました。今まで、どう見えてるかなっていうのが気になっちゃって、ファンの方達に「すごく良くなったね。」って言ってもらえるようになって、よりもっと頑張ろうって思うようになりました。
志田:お客さん1人ひとりの顔が良く見えるようになりました。中野サンプラザのリハの時に、一番遠い席に行って、そこからどう見えているのかというのを研究して、実際は隅から隅まで見るようにしました。

東名阪ツアーを経て成長できたことを話す2人
東名阪ツアーを経て成長できたことを話す2人

最近、つけ麺から刺激をもらいました!

-こんな女性になりたい!というものはありますか?

小林:堂々とした女性になりたいです。
志田:芯の通った、この子はこういうイメージだよねっていう、ちゃんとしたイメージを持たれる女性になりたいです。この子はコレが似合うから譲れないよねみたいな。あと、しっかりした女性になりたいです。今こんな感じなんで(笑)

-最近、刺激を受けたことはありますか?

志田:つけ麺が美味しかったことです!
小林:えっ?
志田:つけ麺ってこんなに美味しかったんだって!これまで、つけ麺をじっくり味わったことが無かったんです。とりあえずモノを食べれれば良かった人だったんで(笑)最近は味わって食べるようになって、色々なつけ麺屋さんに行くようになりました。「あっ、つけ麺って美味しいんだ」という刺激をもらいましたね。
小林:それ刺激なの?
志田:アハハ(笑)
小林:私は、(志田)友美と一緒にライブ映像を見るようになって、他のアーティストさんの勉強をするようになりました。

-例えばどんなアーティストの映像を見ていますか?

志田:三代目J Soul Brothersさんとかですね。DVDを見ているのに、ライブに行った感覚になるんです。
小林:パフォーマンスが凄くて見入ってしまいます。
志田:一緒にペンライトとか持っちゃうくらいすごいんです(笑)

-テレビの前でペンライトを持って見てるんですか?

志田:はい!とにかく色々なジャンルのアーティストさんを見るようにしています。

さまざまなアーティストのDVDを見て勉強をしています
さまざまなアーティストのDVDを見て勉強をしています

ストロングポイントは「ビジュアル!」

-最後に夢アドのストロングポイントは何ですか?

志田:(マネージャーさんを呼ぶ)ストロングポイントは「ビジュアル」って言っていい?
マネージャー:いいよ。
志田小林:えーっ!
志田:私から言うのヤダ!玲言ってよ!
小林:ヤダよ!
(じゃんけんをしだす2人)
マネージャー:じゃんけん勝ったから友美が言おう。

-では改めて、夢アドのストロングポイントとは?

志田:いきます…せーの!
志田小林:ビジュアル!
志田:これ、言っちゃいましたね。
小林:うわー、言っちゃったね。
志田:ビジュアルの良さだけは、他のグループさんには負けないです。
小林:そうですね。
志田:一人一人がスタイル良くて、綺麗、かわいい、綺麗(?)全部持ってるんです。
小林:綺麗とかわいいが混ざっている人もいるし。
志田:私かな(ドヤッ)
小林:うるさいよ!(笑)
志田:何着せても似合うんです。
小林:ほとんどの子がモデル出身なので。
志田:絵になるんだよね。

-非常に気持ち良い答えありがとうございます。

小林:もう、言い出しちゃってます(笑)
志田:みんな言っちゃってます(笑)
志田小林:「(笑)」でお願いします。

-どうもありがとうございました。

志田小林:ありがとうございました!

ストロングポイント「ビジュアル!」に納得
ストロングポイント「ビジュアル!」に納得

「ビジュアル!」本来なら角が立ちそうな発言だが、清々しさすら感じた。それにこれだけ圧倒的なのだから、言って当然という気持ちにさせるだけの魅力が彼女たちにはある。そんなビジュアル最強アイドル「夢みるアドレセンス」の最強っぷりが堪能できる『サマーヌード・アドレセンス』のMV。見ていると、あまりのかわいさに思わずニヤついてしまうので、人の多いところでは注意が必要だ。

インタビューの動画版はこちら!

全4回に渡ってお送りするシリーズ企画【『サマーヌード・アドレセンス』MVの裏側に密着】。最終回である第4回は、残るメンバーの荻野可鈴さん、京佳さん、山田朱莉さんにインタビュー!お楽しみに!

フォトギャラリー

<他の夢みるアドレセンス「サマーヌード・アドレセンス」特集記事はこちら>