このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジュアル最強アイドル!夢みるアドレセンスが7月15日にリリースするセカンドシングル『サマーヌード・アドレセンス』のMV撮影現場に潜入したドーラ取材班。前回は夢みるアドレセンスの基本情報と撮影現場1日の流れ、そして撮影中に見せた彼女たちのとにかくかわいい一面をお送りしました。
ビジュアル最強アイドル「夢みるアドレセンス」

第2回はクリエイティブな部分、MV制作に関わるさまざまなスタッフさんへのインタビューを敢行。楽曲制作に携わるソニー・ミュージックの田口さん、私服パートの衣装を担当されているスタイリストの佐野さん、振り付け・演出を担当されているYumiko先生にお話をうかがいました。

夢アドスタッフに聞いてみた!:楽曲編

夢アドの楽曲面についての考えを教えていただいた。
夢アドの楽曲面についての考えを教えていただいた。

まずは、楽曲制作に携わるソニー・ミュージックの田口さんに、今回『サマーヌード・アドレセンス』をリリースするに至った経緯や、夢アドの楽曲を選ぶ上での考えなどを聞いた。

『サマーヌード・アドレセンス』は 「泣きながら踊れる」曲

-田口さんは夢みるアドレセンスに、いつから関わられているのですか?

実際、彼女たちがデビューしたのが2015年3月18日なので、正式に会社の人間として関わったとなるとその日からということになるんですけど、制作チームと話をするようになったのは2013年の終わりくらいからですね。ライブを見に行くようになったのは2014年の春からです。
デモのレコーディングとかは、僕がソニー・ミュージックの人間ということは伏せて、自分が集めた曲を彼女たちに唄ってもらうという作業を2014年の8月くらいからやっていました。

-1stシングル『Bye Bye My Days』はBiSを手掛けた「スクランブルズ」による楽曲提供でしたが、2ndシングルは「サマーヌード」のカヴァーでいこうと考えた経緯を教えていただけますか?

これまで夢アドは季節の歌を歌っていなくて、前作の『Bye Bye My Days』は春の出会いと別れというものと、彼女たちのメジャーデビューをつなぐ曲を作りたいと思い、あのような曲になりました。今回は7月15日、夏リリースということは先に決めていたので「やっぱり、夏!というものが伝わる曲を作りたい」と思ったのが第一です。

もう一つは、現在のアイドルの楽曲は非常にレベルが高いですよね。昔は「アイドルなのに楽曲が良い」「曲が面白い」というのがウリになっていたんですが、もはやそれがが当然になってきています。そんな中「なるほど!そうきたか!」と思わせる企画性のあるものを考えないといけないと思いました。

POPSの手法としてサンプリングやリコンストラクションといったカヴァーとは違う一部分だけを使用して別曲を作るというものがあるんですが、アイドルグループでやっているところはあまりいないので「面白いのでは?」とチャレンジしました。ある程度皆さんが知っていて、ベタ過ぎない、彼女たちのシャレた感じという条件で夏の曲を相当聞き比べた中で、真心ブラザーズの『サマーヌード』がバランス的にベストでした。

-これまでインディーズを含めて多くの楽曲を発表していますが、夢アドの世界観を構築する上で一貫しているものはありますか?

多くのアイドルグループが、年齢がどうであれ青春感、思春期感というものを共通して持っています。その中でも夢アドは「アドレセンス=思春期」という言葉をグループ名に持っているくらいなので、子供以上大人未満である思春期の揺れ動く感情をどう切り取るか、どう表現するかが曲の中心にあると考えています。

『Bye Bye My Days』は春というお題で思春期を切り取ったらこういう感情かなと思い作りました。『サマーヌード・アドレセンス』は分かっていても失敗しちゃうダメな恋愛という切ない詞になっているんですが、サウンド的には踊れるというか「泣きながら踊れる」曲になっています。「踊り」が、思春期の押さえつけられた感情を解放した、夏という季節ならではの表現ができればと思っています。

感情を解放し、海へ走り出す
感情を解放し、海へ走り出す