前2回、2015年・楽曲派の大本命として「Faint⋆Star」の紹介、そして7月7日にリリースされた彼女たちのファーストアルバム『PL4E』の超私的レビューをお送りしました。

今回は、Faint⋆Starのお二人にインタビューを敢行!HINAさんとYURIAさんから、今回のアルバムへの意気込みなどを伺いました。

HINAさん(左)、YURIAさん(右)
HINAさん(左)、YURIAさん(右)

渋谷系やEDM系、R&B調のバラードなど様々な音楽が詰まっているアルバム

-今回のアルバム『PL4E』は一言で言うとどのようなアルバムですか?

HINA私たちも大好きな楽曲たちが詰まった、最高のガールズポップ集ですね。

YURIA私たちが今発信したいガールズポップの数々を集めた1枚になっています。

-アルバム『PL4E』の「ここを聞いてほしい!」「ここに注目!」というところを教えてください。

HINAトマパイ(Tomato ‘n Pine Hinaが以前いたユニット)の時に歌うことのなかった幻の曲「Hurly-Burly」や渋谷系やEDM系、R&B調のバラードなど様々なジャンルの音楽がギュッと詰まっているアルバムなので、きっとお気に入りの1曲をみんな見つけることが出来ると思います。

YURIAサウンド以上に歌詞の中にいろいろな仕掛けを詰め込んでいるところですね。ぜひ歌詞カードを手にとって聴いてほしいです。爽やかな渋谷系から、アッパーなEDM、ディスコっぽいダンスナンバーまで、みなさんの日常生活の中のそれぞれの場面に合う曲が絶対見つかると思うので。

-アルバムの中で「一番ここが苦労した」というところはありますか?

HINA英語の歌詞が一番多く出てくる「Boyfriend -A.S.A.P.-」はレコーディングでとにかく発音に苦戦しました。今までHINAが歌った曲の中で一番、習得するのに時間がかかりました。

YURIA私は、いろいろな雰囲気の新曲が増えたので、その曲その曲によって、歌い方やライブでのパフォーマンス含めて、どう表現を変えていくかたくさん悩みました。

英語に苦労したと話すHINAさん  撮影:村上一光
英語に苦労したと話すHINAさん  撮影:村上一光