前回、2015年・楽曲派の大本命として「Faint⋆Star」をご紹介しました。
今回は7月7日にリリースされた彼女たちのファーストアルバム『PL4E』を1曲目から順番にレビューしていきたいと思います。ですが、この超私的シリーズをご覧になったことのある方はご存知だとは思いますが、私に音楽的知識は全くありません。ですので妄想全開!感じたままを綴っていこうと思います。

Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5に行ってきた。

ファーストアルバム『PL4E』をレビューするその前に。7月7日の『PL4E』発売日当日に渋谷PARCOで行われた「Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5」に、私も行ってきましたのでご報告をば!

会場内はたくさんのスターゲイザー(Faint⋆Starファンの名称)の方々で埋め尽くされていました。ライブはDJ ABOさんのmixから始まり、カジヒデキさんの登場!『甘い恋人』では「甘い、甘い」の大合唱でフロアが1つに。 最後に登場したFaint⋆Starにボルテージは最高潮!アッパー系から優しく聴かせるユニゾンまで、幅広いパフォーマンスに酔いしれるスターゲイザー。MCではアルバムをリリースできること、そしてたくさんの人の支えでここまでやってこれた感謝から涙を見せる一幕も。温かい空気に包まれてイベントは終了しました。

アルバムはもちろん、ライブも最高!
アルバムはもちろん、ライブも最高!

彼女たちですが、MCもかなり面白いです。HINA(ex.Tomapai)さんの発言がとにかく自由奔放なんですよ。それを優しく諭すYURIAさん。一言で言うと子供×保護者。もしくはおぎやはぎの漫才を見ているかのよう。アルバムはもちろん最高なんですが、ライブも最高なので、みなさんぜひ足を運んでみてください!

と、いうわけで(焦らしてスミマセン)ここからはさっそくファーストアルバム『PL4E』を、1曲目から順番にレビューしていきたいと思います。

Faint⋆Starのファーストアルバム『PL4E』超私的レビュースタート!

ファーストアルバム『PL4E』

1.Hurly-Burly

何にでも興味のある女の子が、これからやってくる自分の知らない世界に胸をワクワクさせながらお出かけの準備。ちょっと背伸びして大人な装いにも挑戦。希望に満ち溢れたFaint⋆Starのアルバム1曲目にふさわしい非常に爽やかなナンバー。

2.メナイ

出ました!バッキバキのEDMナンバー。昨晩失恋した女の子。傷ついた心のまま気が付けばもう朝日が昇っている。考えるのは彼の事ばかり…と聞けばすごく感傷的なナンバーなのかと思いがちですが、メロディーは挑戦的でなにくそ!精神です。歌詞の1番は【きっと進めない】となっているのに対し、ラストは【立ち向かっていくnight】で終わっているのから考えても、過去の恋と決別し、立ち上がる強い女性を表しているように思います。

3.Boyfriend -A.S.A.P-


これはもう完璧じゃないでしょうか。イントロのキラキラからのワクワク感。メロで上がっていって、サビでキターッ!そしてアウトロの余韻。終わらないでくれ!ずっとこのまま聴いていたいと思わせる極上のPOPSです。

1
2
3
シェア
ゴッシー
テレビやイベントの構成作家をやっております。 基本的にはネガティブ。 よく出没する場所は六本木、新宿、半蔵門。 ヤンキー怖い。