00

 

ようやく冬が終わり、バーベキュー(BBQ)の季節がやってきました。

BBQは、誰が運び役をするのか? という問題がついてまわりますよね。

食材をカバンに入れて、電車で現地にやってくるひともいれば、重たい鉄板を運ぶために車で移動するひともいます。

当然、そういうひとはお酒を飲めないので、ちょっと不公平だったりもします。

 

誰もが電車で現地集合できるBBQは、空き缶を活用すればいいそうです。

 

01出典:YouTube

 

缶詰の空き缶です。

 

02出典:YouTube

 

それを縦に切って

 

03出典:YouTube

 

広げます。

 

04出典:YouTube

 

で、アルミホイルを敷いて固形燃料を置くだけ。

 

05出典:YouTube

 

網だって、小さいのでOK!

 

06出典:YouTube

 

動画はこちら。

 

 

ものは使いようですよね、と言えばそれまでの話ですが、各地の河川敷などでゴミの出し方が問われている時代です。

スマートに、そしてなにより誰もがハッピーなBBQを楽しもうと思えば、ちょっとした知恵が必要ってことでしょう。

知恵があれば、あたふたすることなく、冒頭の写真のような豊かな景色を楽しむことができるかもしれません。

 

image by Doug Scortegagna

 

(ひとみしょう)

 

シェア
ひとみしょう
作詞家・コピーライター・広告プランナーを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』 での連載を経て、『ANGIE』初代編集長に就任(14年7月まで)。コラムの受賞歴多数。現在、連載9本を抱える。