このエントリーをはてなブックマークに追加
08-1 Photo by law_keven    

誰かがやった後であれば簡単そうに見えることでも、最初にそれを思いつき実行することは難しく、貴重であるということを、「コロンブスの卵」と短く表現したりしますよね。

 

今回はコロンブスの卵的に素晴らしい「ゆで卵を3秒でむく方法」を披露している動画を紹介したいと思います。

 

 

08-2-0

 出典:YouTube

このゆで卵が

 

08-2

 出典:YouTube

 

ほら、もう剥けました。

 

もう1つ剥いてみても

08-3

 出典:YouTube

 

ほら、もう剥けています。

 

ゆで卵の簡単な剥き方と言えば、強めの流水に卵を当てて殻を剥くとか、ゆで卵の上下の殻を剥き、とがった方から息を吹き込む、といった方法が、ときどきテレビで紹介されています。

でも、ご紹介した動画のように、「ぶつけて回す」だけで簡単に殻を剥くことができるのです。

 

私たちはとかくじぶんの経験をもとに行動しがちですが、そもそも「なにがどうなればいいのか」ゼロベースで考えてみると、あんがい最短距離でおいしい結果が得られることもあるということが、この動画からわかります。

ぜひ試してみて、現代版コロンブスの卵の味を堪能してください。

 

(ひとみしょう)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひとみしょう
作詞家・コピーライター・広告プランナーを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』 での連載を経て、『ANGIE』初代編集長に就任(14年7月まで)。コラムの受賞歴多数。現在、連載9本を抱える。