時に、2015年。実は今年を舞台にしたSF映画は意外に多いのです。巨大な人型兵器に少年・少女たちが搭乗し人類のために戦う「新世紀エヴァンゲリオン」。謎の組織を率いる“ともだち”の正体に迫る「20世紀少年」。さらに「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」で空飛ぶデロリアンに乗って“マーティ”と“ドク”が行った未来も、2015年なのです。

映画に描かれた未来に登場する様々な物の中でも印象的なのが、宙に浮くスケートボード「ホバーボード」じゃないでしょうか。空中をスイスイと滑るその様を見て、映画公開当時興奮したものです。

何度か「ついに実現!」などのニュースがインターネットを駆け抜けては、デマであることに落胆してきました。ところがこの度「実現!」と同時になんと「競技開催!」の情報が入ってきたのです。

いったいどんな競技なんでしょう??

「HOVER BOARD BATTLE」と銘打たれたこの競技、浮遊するホバーボードの上にどれだけ安定して乗り、回転など技をメイクできるか見る「技術点」と、どれだけ美しくインパクトのある演出を魅せられたかを見る「印象点」の2つが評価基準。優勝者にはNECパーソナルコンピュータより世界最軽量(*1)ノートPC「LaVie Hybrid ZERO」が贈られます。

今回のバライエティ豊かな挑戦者は「スケートボーダー」「ミニスカJK」「160kgスモウレスラー」「ニンジャ」の4名。優勝してプライズを手にしたのはだれか、ぜひ動画で確認してみてください。

nl_ss07

出典:YouTube

nl_ss06

出典:YouTube

nl_ss04

出典:YouTube

nl_ss03

出典:YouTube

「今回もデマじゃないの?」と疑いの目を競技者の足元に向け、ワイヤーやクレーン、合成の跡を血眼になって捜してしまいますが、こちらの動画に登場するのは正真正銘の「ホバーボード」なのです。強力な電子磁石の反発力を利用して宙に浮くこの「HENDO HOVERBOARD」、一見するとただの新しい遊びと思いがちですが、実は乗り物や巨大な建物(!)まで浮かせて移動の効率化を図ろうとする、スケールの大きな夢の一歩だと知ると見方が変わってきます。(出典:The Hendo Story

nl_ss01
出典:YouTube
nl_ss02
出典:YouTube

「世界一の軽さで、あなたは世界一自由になる。」をキーワードに、軽さで自由を手にした「LaVie Hybrid ZERO」と、磁石の力で様々なものに「自由」を与えようとする「HENDO」社。アプローチは違えど「自由」へのこだわりは変わらないのかもしれません。

無限の想像力が生み出すもの達に、ワクワクが止まりません。

(*1)13.3型ワイド液晶タッチパネル搭載Ultrabook(TM)として。NECパーソナルコンピュータ調べ(2014年12月1日時点)。

(Teddy)

シェア
dora 編集部
スマホ世代の動画文化を紹介するサイトです。 動画大好きなティーン世代の間で「今、これが流行ってる!」という『文化』『人』『動画』の最新情報をお届けします!