このエントリーをはてなブックマークに追加

バンダイが発売している「こなぷん」は、本物そっくりのお料理が楽しめるクッキングトイです。基本の材料は粉と水。しかし、おもちゃの域を超える完成度で、最近大人の間でも人気が広がっているんですよ。

見てください、このごはんの質感!米粒のひとつひとつまできちんとリアルに再現しています。

スクリーンショット (215)
出典:YouTube

日本のクッキングトイは海外でも話題になっています。精巧な見た目もさることながら、味まできちんと美味しく、一切の手ぬかりなし。細かい仕事をさせたらやっぱり世界一なのではないでしょうか。

こなぷんから始まり、実は今、おもちゃの域をこえたミニチュアクッキングが秘かなブームになっているんです。
本物の食材と本物の炎を使って作る、よりリアルなミニチュア料理。それがこちら。

固形燃料をガス代わりに。時間差で火を付けて、弱火と強火を使い分けています。

スクリーンショット (216)
出典:YouTube
スクリーンショット (223)
出典:YouTube

芽キャベツやペコロス、ヤングコーンなどは、ミニチュアクッキングにぴったり。

スクリーンショット (237)
出典:YouTube

スクリーンショット (227)
出典:YouTube

炭火で作る本格焼き鳥。鶏肉をカットする包丁はおもちゃサイズながら、なかなかの切れ味です。
爪楊枝にお肉を刺し、炭火を起こす。根気と丁寧さが必要とされるミニチュアクッキングは、案外難しいものです。もくもくと作業をこなすその手つきはまるで職人のよう。香ばしいにおいがこちらにまで漂ってきそうですね!

動画のコメント欄には外国人からの感動の声が多く寄せられています。
海外から見れば、日本のカルチャーはとてもインパクトがあり、刺激的なのだとか。訪日外国人旅行客の間では、書道折り紙、田植え、そば打ち、舞妓・忍者体験など、日本ならではの文化を楽しむツアーが人気を集めています。特に盆栽への関心は高く、枝の剪定方法を学ぶ勉強会に外国人が参加したり、海外でアンテナショップが開催されたりするほど。盆栽もいわば、木のミニチュア。日本発・ミニチュアクッキングが世界に広まる日もそう遠くないのかもしれません。

(内野チエ)

YouTUbe
YouTube

このエントリーをはてなブックマークに追加
内野チエ
ライター。 Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。高校の3年間で1000本以上の映画を鑑賞、ときには原作と比較しながら楽しむ無類の映画好き。