このエントリーをはてなブックマークに追加
000

 

「個性」を重視した教育が行きすぎているからか、他人と「おなじ」ところをもっと見たほうがいいのでは? と言っている識者がいます。

たとえば『バカの壁』で一躍有名になった脳科学者にして東大名誉教授の養老孟司先生がそう主張しています。

「他人とちがう」を突き詰めたら、最後は病院送りになるだけだから……とのことです。

 

そうは言っても、男女はカラダつきからしてちがいますし、男女の思考回路のちがいを知っておかないと、触らなくてもいい神様に触ってしまい祟りが……なんてことになりかねないですよね。

主だった男女のちがいをわかりやすく紹介しているのがこの動画です。

 

 

女性は死ぬほど苦しんで子どもを産むのに、男ったらしれっとパパになっちゃうんだよ……とか、階段を昇るとき、女性は○○が痛いんだよね……とか、女性は男性の○○をしかとチェックしているんだよね……それに対して男性ったら、洋服を脱ぐ前からあたしの○○をチェックしちゃってさ! みたいなことが11個紹介されています。

 

階段を昇るときに女性は○○が痛いなんて、知らない男性のほうが多いように思います。

ぜひご覧になって「女性の視点」を持ってみてはいかがでしょうか。

 

image by  Giang MitTo

 

(ひとみしょう)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひとみしょう
作詞家・コピーライター・広告プランナーを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』 での連載を経て、『ANGIE』初代編集長に就任(14年7月まで)。コラムの受賞歴多数。現在、連載9本を抱える。