このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺の地図帳~地理メンBOYSが行く~」にCURACTION取材班が潜入!第3弾!

この番組は、旅にゆかりのある歴史上の人物に扮した俳優たち(地理メンBOYS)が、各地の名所やアクティビティ・グルメなどを紹介しながら日本地図を作っていく、シチュエーションドラマ風旅番組です。

前回、CURACTIONパンダこと「クラパン」が地理メンBOYSたちに「俺のオススメスポット!」をインタビューした様子を見ていただきましたが、今回は井深克彦クン、前田公輝クン、久保田秀敏クン、うしろシティ阿諏訪クンに【俺が必ず持っていく旅の必需品は?】という質問に答えてもらっています。
日本全国さまざまな所を旅した彼らにとってなくてはならない物とは?

阿諏訪クンは頭が大きいのでネックピロー。
起きた時にはよだれでビショビショになっているそうです。
安モノのネックピローだと、首の部分が気になって、余計に寝られなくなるので気を付けた方がいいですよ。

前田公輝クンは3種類のグミ?
この3種類は味ではなく噛み応えの違うグミで、前田クン曰く、固いグミ、柔らかいグミ、ンアッっていうグミだそうです。
何だ⁉ンアッっていうグミって…気になる…。

久保田秀敏クンは写真が好きなのでカメラと思いきや、まさかの携帯!
今の携帯は画素数も多く、高性能なので確かに旅にカメラを持っていかなくなりました。

井深克彦クンはボディミスト?
しかも使い慣れたボディミスト?
初めて使いましたこの言葉。
旅先でも自分の嗅ぎ慣れた匂いがしないと落ち着かないという、女子のようなことを言っています。
さらに「旅先でマーキングしてます!」宣言まで飛び出しました。
井深クンは犬ですか?

しかし、匂いというものは確かに大事で、脳の「考える」部分を通さず「感じる」部分に一瞬で伝わります。
脳から視床下部という体の生理機能をコントロールする部分へ伝わり自律神経、免疫系、ホルモン系の働きのバランスをとることで心身へ影響をあたえるといわれているそうです。
ですから、匂いによって人、場所の印象が決まってしまうと言っても過言ではありません。

あなたも、旅先で何か落ち着かないなと思ったときは、匂いを工夫してみると解消してより良い旅になるかもしれませんよ。

次回がクラパンによるDVD全巻リリース記念「俺の地図帳~地理メンBOYSが行く~」感謝祭inタワーレコード渋谷イベント、地理メンBOYSインタビューファイナル!
一体どんな話が飛び出すのか⁉
お楽しみに!

(ゴッシー)