このエントリーをはてなブックマークに追加

最近テレビやネット等で『方言で告白されるとアガる』『方言で話す人に萌える』といった『方言萌え』の特集をよく見かけます。
博多弁の「ばり好いとう」「なんしとーとー?」というゆるい雰囲気や、京都弁の「~しはる」」等の“はんなり”とした感じが特に人気となっていて、
東京以外の46都道府県の女の子が方言で地元紹介&愛の告白をする方言女子というDVDが発売されたり、名曲を方言で歌う【なまり歌】を歌う歌手が有名になったり【方言】に関して肯定的なムードが高まっています。

そんな中、沖縄で今人気なのが『うちなーぐち(沖縄方言)』が特技の沖縄の芸人じゅん選手です。
沖縄のローカル番組こきざみぷらす内のコーナーで、ファストフード店にて標準語を使わずに『うちなーぐち(沖縄方言)』で注文が出来るか?という企画や、『うちなーぐち(沖縄方言)』で面白い替え歌を歌ったりして人気に火がつき、現在ではCMにも出演しています。

【じゅん選手】は沖縄の芸能事務所オリジン・コーポレーションに所属する芸人で『うちなーぐち(沖縄方言)』を使ったこんなネタをしたりしています。

・・・正直、沖縄出身では無い私には何言ってるか全くわかりませんが、でもなんか雰囲気で笑ってしまうし見てるだけで癒されますね。

一昔前は方言、なまりは『カッコ悪い』『田舎っぽい』というイメージをもたれていていて、なまりを標準語になおすのが当たり前でしたが(一部の関西の人が国内外どこにいっても関西弁で通すという例はありますが)、これからは方言=カッコイイ、標準語を話す人が方言に憧れる、そして“萌え”や“癒し”といった新たな価値やその地域に根ざした独自性が見出される、そんな時代がやってくるかもしれません。

(ことり)

 

【PR】観光、イベント、グルメ、ニュースetc。沖縄エリアの旬の情報を知りたいなら、沖縄情報アプリ「おきコレ」(無料)でチェック! 沖縄好き&沖縄県民は必須のアプリです。いま、人気スマホゲームの特集も行っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ことり
日本全国を彷徨う旅人。温泉に入ったり、美味しいものを食べたり、美しい景色を眺めたりするるのが至福の時。それでいてテレビ好き、芸能好きなアウトドア派かインドア派か自分でわからない人です。