普段は意識してる人は多くないかもしれませんが、私たちが食べてるものは肉や魚に野菜果物、ほとんどは他の命を頂いているわけです。
私たちに“頂かれる”側、食材の視点で考えると捕獲・収穫されて調理される前の感情・心境(があるとして)はどんな感じなのかをアニメーションにした作品がこちらになります。

泳いでるフグが捕まえられて
CURACTIONふぐ①

 出典:YouTube

まな板の上に乗せられるが
CURACTIONふぐ②

 出典:YouTube

板前の手を逃れて
CURACTIONふぐ③

 出典:YouTube

床の間へと逃げ込む。
CURACTIONふぐ④

 出典:YouTube

さあ果たしてこの後フグはどうなってしまうのか?動画をご覧ください。

食材視点で考えることによって、改めて私たちの生活は様々な犠牲の元に成り立っていることが実感できますね。
昔から日本では食材の『命を頂く』という意識が強くあったために、『私の命のために命を頂きます』という意味で食事の前に【いただきます】という挨拶をしてきました。
次にご飯を食べるときはぜひ今一度、他の命を頂いて私たちは生かされているということを意識して心から『いただきます』と言って食事を始めようではありませんか。

(ことり)

シェア
ことり
日本全国を彷徨う旅人。温泉に入ったり、美味しいものを食べたり、美しい景色を眺めたりするるのが至福の時。それでいてテレビ好き、芸能好きなアウトドア派かインドア派か自分でわからない人です。