画像01

出典:YouTube

アクティブシーンのお供としてお馴染みになりつつある小型カメラGoPRo。今までにも数々の衝撃映像を生み出してきましたが、またしても非日常的な視点の映像美を届けてくれました。それがドバイ上空で撮影されたシンクロナイズドスカイダイビング。

 

シンプルな白のツナギに黒いヘルメットというお揃いの衣装に身を包んだ男2人が、飛行機から飛び降りるカウントから映像がスタート。飛び降りた瞬間から上下感覚が無くなり、大空の中でアクロバティックな動きをシンクロさせていきます。

 

実際はもちろん凄いスピードで落下しているけど、重力を感じさせない軽い動きと、GoProならではの身軽な視点移動により、まるで無重力状態。映画『ゼロ・グラビティ』を彷彿とさせる映像が、美しい音楽と共に繰り広げられていきます。

 

さらにドバイの象徴ともいえるパーム・アイランドも、そんな美しい映像のアクセントにピッタリ。地平線と水平線の間に浮かぶ人口島が、幻想的な世界観の演出に一役買っているようです。

この映像はアメリカの人気バイラルメディアBuzzFeedで公開されるやいなや、FacebookやTwitterを中心に瞬く間に拡散され、「息を飲むほど美しい!人生の新しい目標だ」、「まるで漫画みたい!!」と、アメージングな映像を絶賛するコメントも。

もちろんGoProを使った斬新な映像はこれだけにあらず。なかには6個を同時に使って360°の視点を同時に撮影する猛者が登場するなど、様々なアイデアで映像クリエイターたちを刺激しまくっている様子。

ちなみにこの映像を作った作者は、6個のカメラを設置する土台の作り方をネット上で公開(http://www.thingiverse.com/thing:52584)しているため、誰でも作ることができます。ドバイの上空でスカイダイビングはできないけど、こっちならマネして幻想的な映像を作ることができそうですね。

(KUWA)

シェア