みなさんは楽器といえばどんなものを思い浮かべますか?ギター、ベース、ドラム、ピアノ、ヴァイオリン、トランペット……などなど。さまざまなモノで私たちの耳を楽しませてくれます。その他にも、水を入れたワイングラスや、チクワに穴をあけてリコーダーのようにするなど、一見楽器に見えないモノで音を奏でる方法もあります。
今回、私たちが学校でよく使っていたあるモノを使って音を奏でる、驚愕のテクニック動画が発見されました!

す、すごい……。

このテクニック、エリック・クラプトンもびっくりです。

線を引く定規に始まり、スプーンやCD、フロッピーディスクとさまざまな楽器でないモノを使って音を奏でています。
まさか定規からこんな音が出るとは。
どんな楽器にも属さないオリジナルの音ですよね。

この動画を見て真っ先に思い浮かべたのが、横山ホットブラザーズがノコギリで奏でる「お~まえ~は~ア~ホ~か~♪」です。
のこぎりの角度を変え、独特のメロディーを奏でるあの技は、誰がやってもできるものではないスゴ技です。
この演奏者も長さや角度、弾く箇所を変えて音を奏でています。

このように身の回りには楽器があふれています。
あなたの持っている傘はパーカッションに、ヘアゴムはギターに、3色ボールペンはメトロノームになるかもしれません。
そして、誰もが街中で気軽に音楽を奏でる……そんな世界になれば素敵ですよね。
ひょっとしたら、日用品楽団が誕生してワールドツアーとか、日用品音楽がミリオンセラーとなる日が来るかもしれません。
あなたも、手に持っているその道具で音楽を奏でてみては?

(ゴッシー)

シェア
ゴッシー
テレビやイベントの構成作家をやっております。 基本的にはネガティブ。 よく出没する場所は六本木、新宿、半蔵門。 ヤンキー怖い。