このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で最も有名なヒゲのおっさんと面長のおっさんの兄弟、マリオ&ルイージ。

もし、彼らが実際に存在したら……。
寡黙で優しく、抜群の身体能力を活かして、さまざまな冒険を僕たちに見せてくれることでしょう。

スーパーマリオと言えば、以前マリオ目線でのスーパーマリオブラザーズ1面をご紹介しましたが、今回は実写版スーパーマリオブラザーズです。

実写版と聞いて、1993年にハリウッドで映画化された『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』を頭に浮かべた方も多いはず。
子どもの頃、ワクワクしながらレンタルビデオで見たのですが、見終わった後「こんなのマリオじゃない!」と叫んだのを覚えています。50億円の製作費にも関わらず設定は大幅変更。マリオ&ルイージはニューヨークのただのおっさんになっていました。寡黙でもなければ、抜群の身体能力があるわけでもない。どちらかと言えばどんくさい。
一番の問題は……カッコ良くないんです。

僕たちは敵の罠を軽快に潜り抜け、バッタバッタとモンスターたちをやっつける、そして毎度クッパに連れ去られるピーチ姫を助け出す。そんなマリオ&ルイージが見たいんです。

カッコいいマリオ&ルイージが見たい。僕たちの、そして子どもたちの夢が叶う動画が発見されました。

か、カッコいいっ!。
CG技術も発達して、これなら僕たちも大満足です。
できれば続編ではかわいいピーチ姫を登場させてほしいですね。
また、マントマリオや尻尾マリオにも期待です。

先述した映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』ですが、公開から20周年の2013年にDVDで発売されています。今見てみると、実写版の珍品としてかなり楽しめますのでオススメですよ。

(ゴッシー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッシー
テレビやイベントの構成作家をやっております。 基本的にはネガティブ。 よく出没する場所は六本木、新宿、半蔵門。 ヤンキー怖い。