このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォーの皆さま、朗報です。あの暴走族風の身なりをした猫のキャラクターの『なめ猫』が復活しました。しかも、通信サービスのY!mobileにより自分のオリジナル免許証が作れるジェネレーター『なめ猫免許センター』なるものが公開されいています!

ymobile01

そして、早速やってみました。

ymobile02
出典:Y!mobile公式サイトより

当時と同様に、免許証の有効期限や免許の条件等のコメントで楽しませてくれる仕掛けまで再現されていました。しかも入力した情報によって結果が変化するようです。Y!mobileさん、細部にこだわった再現がさすがです。なめ猫が応援団を務める学割応援団キャンペーンもきっと細部にこだわっているのだとおもいます。是非お見逃しなく。

ここで始めて知るU25の若者や想い出を振り返るアラフォーの為になめ猫のおさらいをしておきましょう。1980年代初頭に日本で流行した、暴走族風の身なりをした猫のキャラクターの『なめ猫』。生みの親である津田覚さんの公式サイトによると、津田さんが近所のクリーニング屋のオジさんが処分しようとしていた仔猫4匹を引き取り、育てたことから始まったそうです。そして、クリーニング店主の表札の名前をそのまま頂き、又吉と名づけられたその猫は、実は女の子だったという裏話も。人気絶頂の時には、レコードまで発売されていましたね。こちらをご覧ください。

年代流行によると、なめ猫が流行した1980年代初頭には他にも色々なものが流行していたようです。

・竹の子族
・聖子ちゃんカット
・Dr.スランプ アラレちゃん
・忍者ハットリくん
・めぞん一刻
・タッチ
・オレたちひょうきん族

これからまだまだ1980年代のなつかしの作品がどこかで登場するかもしれませんね。注目しましょう。

(TETSU)

このエントリーをはてなブックマークに追加
dora 編集部
スマホ世代の動画文化を紹介するサイトです。 動画大好きなティーン世代の間で「今、これが流行ってる!」という『文化』『人』『動画』の最新情報をお届けします!