このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、AKB48グループの新ユニットが新潟で結成されることが発表されました。その名は「NGT48」。これまで太平洋側の地域を拠点としてきたAKBグループでしたが、今回の「NGT48」誕生で初めて日本海側にも劇場が開設されます。

そんな新潟には、既にご当地アイドルが活動中。なかでも、「Negicco」は12年前から活動するベテランアイドル。新潟名産のやわ肌ねぎのPRキャンペーンのために結成された3人組で、その素朴さだけでなく高い音楽性で多くのファンを魅了しています。

今回の「NGT48」結成発表時には、マツコ・デラックスが「売れる前に番組で共演した以来、影ながら応援してた。(NGT48結成について)最近売れて良い感じになってきている時に邪魔すんなよとちょっと思う」とコメントするなど(1月26日放送『5時に夢中!』TOKYO MX)、「Negicco」への愛情を見せ話題となりました。

CMなどで既に全国区になりつつあった「Negicco」ですが、今回のマツコのコメントで、更に認知度が増したのではないでしょうか。

そんな「Negicco」をはじめ、王道を進まないアイドルが最近はブームのようです。ありきたりの売り出し方ではないからこそファンの心を掴む、コンセプトが無茶苦茶だから話題になるといった、独自アイドルの創出です。

最近では、「自称アイドル」を名乗るユニット「むすめん。(morning musumen.)」が話題。というのも、この「むすめん。」、男性のみで構成されるユニットにも関わらず、「モーニング娘。」の代表曲の一つ『ザ☆ピ~ス!』をかなりの完成度で歌い上げているのです。

2 出典:YouTube

この動画は、12月29日に初めて投稿されると、再生数は7万3千回を突破し(2015年1月31日現在)、カテゴリランキング1位を獲得したことも。

活動開始のきっかけは、「モーニング娘。」の第9期メンバー・鈴木香音から「恋愛ハンターを踊ってほしい」とリクエストされたことから。『男11人で モーニング娘。 – 恋愛ハンター を踊ってみた』の動画は、なんと47万回の再生を記録しました。もちろん、こちらもカテゴリランキングで1位を獲得。

多様化する日本のアイドル業界。男性が真剣に「モー娘。」の曲を歌い上げる「むすめん。」はどこまで活躍するのでしょうか。今後に期待が膨らみます。また、他にも一夫多妻制のアイドルグループや平均体重76kgの5人組ぽっちゃりアイドルグループなども登場しており、戦国時代のアイドルの世界を生き残るには、目線を変えることも重要のよう。独自路線が大切な時代が到来したようです。

(屯田兵)