このエントリーをはてなブックマークに追加

1日に子どもと過ごせる時間はどれくらいありますか?お迎えから夕飯、お風呂、就寝まで、子どもと一緒にいる時間は2~4時間くらいでしょうか。この中には家事をする時間も含まれるので、100%子どもに集中して、子どもと向き合える時間は1時間あれば良い方ですね。

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_l

家族と過ごす時間が長いことはいいことです。しかし、ただ長ければ良いかというとそれは違います。子どもとどのような時間を過ごすか、どれくらい濃密な時間を過ごすかが大事なのです。忙しい平日のたった5分でも10分でも家事をお休みして子どもに寄り添ってみてください。子どもの状態、子どものお話、子どもの変化を確認できる大切な時間になることでしょう。

一緒に過ごす時間がどうしても取れないときは、こんなアイテムを活用するのはいかがでしょうか。

スマホとつながる動物型伝言ツール「TOYMAIL(トイメイル)」。スマートフォンを通じて音声メッセージをおもちゃに転送することができ、おもちゃを通して子どもたちに語りかけることができるものです。さらに、メッセージを受け取った子どもがおもちゃの返信ボタンを押すことで、返信することも可能です!

小さい子どもでもおもちゃで遊ぶ感覚でコミュニケーションが取れる、新感覚のコミュニケーションツールです。

「TOYMAIL(トイメイル)」の使い方はこちら

このおもちゃを活用して、子どもの声を聴き、子どもに寄り添い、世界中の子どもたちを支援することを呼びかける「HEAR(ヒアー)」プロジェクトを子ども支援専門の国際組織である、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが発足しています。

「HEAR(ヒアー)」プロジェクトとは
http://www.savechildren.or.jp/hear/

子どもの声には、時として子どもが抱えている問題がにじみ出ていたり、大人が思いもしないアイディアが含まれていたり、そこには子どもからのメッセージが含まれていることがあります。子どもの声を聴くことが、世界中の子どもたちの状況を良くする第一歩という考えのもと、このプロジェクトをスタートさせたそうです。

まずは自分の子どもの声を聴き、子どもからのメッセージを受け取ってください。そして、会えた時には、おもいっきり子どもとの濃密な時間を過ごしてくださいね。実際にTOYMAILを使う子どもの声を収録した動画をご覧下さい。子どもたちから届いた声に、思わず微笑んでしまいますよ。

(Kelly)

このエントリーをはてなブックマークに追加
kelly
都内で働くワーキングマザーです。沖縄旅行、ナチュラルクリーニング、働くママネタを書いています。