ラグビーアイキャッチ
建造費の問題で激動の渦中にある新国立競技場ですが、影で話題になっているのが実はラグビー。なぜなら、新国立競技場が完成して最初に行われる国際大会がラグビーW杯だからです。2019年に行われるラグビーW杯に向けて、ラグビーを楽しく観戦する3つのコツをご紹介します。

みなさん、ラグビールールはご存じですか?
今回は、ラグビーをあまり知らない「ラガール」初心者でも楽しく観戦できる3つのコツを教えます!

※ラガールとは、「あまりルールは分からないけどラガーマンが好き」「ラグビー選手のような筋肉質の男性が好き」という女性のこと。

コツ1:前に投げるのはNG!ラグビー独特のルールを覚えよ!

ラグビーパス

一見よくわからないラグビーのルールですが、実はとてもシンプルなルールで動いています。

目的は相手の陣地の奥までボールを運ぶこと。
そして、サッカーが足だけでボールを運ぶという制約があるように、ラグビーは前にボールを投げてはいけないという制約があります。そのため、「真横」「斜め後ろ」にボールをパスして相手のスキマを縫うようにしてボールを運ぶ必要があるのです。

この「パスするのか」「自分で突破するのか」の駆け引きをドキドキしながら見ることが、ラグビーを楽しむ最初のコツになるでしょう。

コツ2:点数の増え方は2種類ある!

ゴール

ラグビーの点数のカウントポイントは2種類あります。

1つはトライと呼ばれるもの。1度に5点入ります。これは相手チームの一番奥にあるゴールエリアにボールを置けば得点できます。ポイントは手で持った状態でボールを置くこと。投げ入れるだけでは点数が得られません。

もう1つはラグビーコートのH字型のポールの間にキックでボールを通すこと。試合中いつでも狙うことができますが、トライを決めた後にもゴールキックを狙うチャンスがあり、これに成功すると2点入ります。

つまり、1回のトライで5点とキックの成功で2点。最大で7得点獲得することができるのです。

コツ3:最強のチームを覚えておこう

ラグビーの世界最強と言えば、『オーストラリアのAll Blacks』だと、少しでもラグビーを知っている人なら答えることでしょう。

彼らが試合前に行う、野球でいうエールがあるのですが、これが迫力満点で、このダンスを見てチームのファンになった人も多いといいます。正しくは「ハカ(Haka)」と呼ばれる儀式なのですが、マオリ族の戦士たちの踊りに由来し、戦士が戦いの前に、手を叩いて足を踏み鳴らし、自らの力を誇示して相手を威嚇するダンスだと言われています。

実際に動画をご覧いただければわかりますが、今にも襲いかかりそうな勢いを感じるほどの堂々たる男気あふれるダンスです。

こんな風に「狩猟本能」をむき出しにして戦う様を観戦するのは、ラグビー以外にないでしょう。

ラグビーを楽しむために…

「ラガール」初心者でもラグビーを楽しむための3つのポイントをご紹介しました。

まだまだあまりルールが認知されていなかったり、ボールの形が特殊だったりと色眼鏡で見られがちなラグビーですが、実は簡単なルールでプレイされています。ルールや得点方法などが少し分かると、試合の行方をより楽しんで応援できますよね。

筋肉隆々でパワフルな男らしさ、迫力満点の男同士のぶつかり合いなど、筋肉が好きな女性ならたまらない魅力満載のスポーツです!

今までラグビーにあまり触れてこなかった女性の人も、ぜひラグビーの奥深い世界に足を踏み入れてみませんか?

image by youtube

シェア
wachi
北海道出身、ライター兼編集者。 無類のパン好きで、3食パン生活もOK!