このエントリーをはてなブックマークに追加
希望があればひとは生きてゆくことができると、よく言われます。
では希望とは、どこから生まれてくるのか? というのが、今回のお話のテーマです。

そうむつかしいお話ではありません。たとえば、この動画は、希望が生まれる場所を、私たちに端的に教えてくれています。

テレビで見た人もいると思います。カップヌードルのCFです。

なぜ回転している地球儀にゴミをぶつけたら、そのゴミがペンケースに入るのか?
なぜフォークの先をちょこっと押しただけで、3つのカップヌードルそれぞれにフォークが入ってくれるのか?
CFが公開になったときに、この”バカッコイイ”アクションをどうやって撮ったのか、撮影秘話がWeb上にたくさん出回りましたが、CGなどの加工は行わずとにかくアクションができるようになるまで繰り返しやったそうです。

次の瞬間

できるまでやるというのは、ひとが変わっていくということにほかなりません。
できなかったことが、次の瞬間できるようになる。
私たちは、それこそを「希望」と、短く表現しているにすぎない。

一定量の「よくないこと」

2015年もあっという間に後半に入りました。いくつもの雑誌では毎年恒例の「2015年後半の運勢」の特集が組まれています。
おそらく多くのひとが、前半よりもいい運勢であるようにと、希望を抱きつつ占いのページを読んでいると思います。
神社のおみくじも、雑誌の占いも、一定量の「よくないこと」が書かれているものです。
が、じぶんが変化してゆくことを恐れない限り、希望は日々、心のなかで生まれ続けます。

カラダのこと

動画を見てわかるように、変わってゆくというのは、頭だけでなくカラダ全体を通して、あるとき急に「できるようになる」。
今、何かの壁にぶつかっているとしても、その壁を越えられるようになるまで繰り返し努力し、カラダ全体で夢を見続けている限り、あなたの2015年後半の運勢は明るいといえます。
あなたの後半戦に、幸多からんことを!

Photo by Indy Kethdy , ぱくたそ