115

 

モノが溢れ返っている今の時代、モノではなくコトを売って売上をつくっている会社がたくさんあります。

100円ショップは、(少々理屈っぽく言うと)「これが100円で買えるのか!」という驚きを売って、売上を得ています。

車のVOLVOは、安全を売っています。もちろん車を売っていますが、安全を売っています。

もともとVOLVO社は、「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念を掲げており、安全に関してはかなりシビアなメーカーです。

北欧のメーカーなので、ヘラジカ(角が大きな鹿ですね)との衝突を開発段階から考慮していることから、「世界いち安全な車」と評されており、日本市場においても、安全な車といえばボルボ、というイメージが定着しています。

 

そんなVOLVO社が、「ライフペイント」というスプレーを開発しました。

111

バイカー(自転車乗りさん)って、夜は車のドライバーから見えづらいので、シュ~ッとスプレーしてくださいね、ということです。

スプレーすると、こんなふうに見えづらいものが

113

 

112

 

ほら! 夜道でもよく見えて、これなら事故の確率が減りますよね。

 

このライフペイントは、車のヘッドライトの照明に反応する特性があり、自転車本体や洋服に使用可能です。

114

 

スプレー自体は無色なので、日中は透明というか、特になにもないです。

1回のスプレーで約1週間、効果が持続し、石鹸と水で洗い流すことができるのだそう。現在はロンドンなどで試用段階とのことです。

動画はこちら。

 

 

自動車メーカーがバイカーのためにスプレーを開発する。しかもそれは昼間は見えない配慮がなされており、命にペイントするものだとしている。これを愛と言わずしてなんと言いましょう。

高い志だけでは飯が食えないと言われている世知辛い世の中ですが、モノが溢れ返っている時代だからこそ、モノではなくコトを売るのであれば、目標を高く掲げて、日々ひとのために豊かに生きるべきだという教えが詰まっているもの、それがライフペイントなのかもしれません。

もっとも明るい日中であっても、どんなに注視しても見えないものは見えないものですが、それでもこの「ライフペイント」的な発想って、素晴らしいと思いませんか?

 

 

Image Photo by JSmith Photo Youtube

 

(ひとみしょう)

シェア
ひとみしょう
作詞家・コピーライター・広告プランナーを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』 での連載を経て、『ANGIE』初代編集長に就任(14年7月まで)。コラムの受賞歴多数。現在、連載9本を抱える。