このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、ジェットコースターはお好きですか?
私は大の苦手です。
日本は世界有数のジェットコースター大国であり、特に東の富士急ハイランド、西のナガシマスパーランドはお互いに世界一のジェットコースターを輩出し続けています。

まずはナガシマスパーランドの「スチールドラゴン2000」。
全長2479mは世界一。最高部の高さ97mは日本一です。
開業当初の2000年に最高速度153km/hで世界一のギネス記録を持っていました。

そして、その最高速度を更新したのが、富士急ハイランドの「ドドンパ」。
出発からたった1.8秒で最高速度の172km/hに到達してしまう通称「ぶっちぎりコースター」。現在、最高速度では世界4位です。

さらに、同じく富士急ハイランドの「高飛車」。
これは最大傾斜角121度という驚異のギネス記録を持つ最新のコースターです。
ドロップ時に121度ですよ!121度!
真っ直ぐ落ちても90度ということは、内側にえぐってくるということです。
私は絶対に乗りたくありません。

さらにさらにとんでもないのが、富士急ハイランドの「ええじゃないか」。
最高速度は126km/hなんですが(これでも充分速い…)走行しながら座席が上下に回転するというシロモノ。
回転数14回は世界一のギネス記録だそうです。
ギネス認定証に書かれている文言は「足が頭よりも上にくる回数が14回」(なんじゃそりゃ!)

想像しただけで背中に嫌な汗が浮き出てきます。
しかし、これらを超える世界一怖いジェットコースターの動画が発見されました。

こわっ!

こちらは南米にあるボリビアのジェットコースター。
とにかくレールを支える支柱が細い!そして少ない!ジャングルジムか!
座席の安全バーは無く、シートベルトのみだそうです。
その割には途中にあるカーブ急すぎでしょ!

このジェットコースターが世界一怖い理由…それは安全性に対する恐怖。

このように見方を変えれば、どんなアトラクションでも恐怖を感じることができるかもしれませんよ。私はゴメンですが…。

(ゴッシー)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッシー
テレビやイベントの構成作家をやっております。 基本的にはネガティブ。 よく出没する場所は六本木、新宿、半蔵門。 ヤンキー怖い。