個人的な話ですが、年に数回、実家に帰った時だけ車を運転します。

そしてその度に、進化している車の機能に驚かされるのです。

カギを差し込まなくても、リモコンで車にロック・ロック解除できるキーレスエントリーは、「結局カギがリモコンに変わっただけで、『リモコンがない!』と大騒ぎするのは一緒」と思うし、初めてアイドリングストップ機能付きの車に乗った時は、信号で停止する度にエンジンが切れるので、家族に「故障だ!」と訴える始末。

私個人レベルでは必要か?と思うものも、利便性や環境保全の観点からすれば、しかるべきして開発された機能なのでしょう。

 

そしてそんな日進月歩の自動車業界に、また新たな革命が起きようとしています。

韓国の現代自動車が明らかにした、2020年を目標に進めている、一部車種への自動運転技術の搭載です。

直線走行(01 Course)は想像できる範囲としても、故障車両を発見し回避するシステム(02 Course)やタクシー乗り降り場での停車(03 Course)、Uターンコース走行(04 Course)、S字コース走行(05 Course)、横断歩道停止システム(06 Course)、混雑時の車線合流(07 Course)は、自分よりはるかにスマートな運転技術!しかもそれらが無人で行われていることに、ただただ驚かされます。

 

2015-04-17_2

出典:YouTube

運転を自動車に任せ、携帯電話で話している男性も、

2015-04-17

出典:YouTube

優雅にコーヒーを飲む男性も、青写真とはいえ確かにステキです。

 

でもここで、小さな疑問がふと頭をよぎります。

果たして女性達には、この未来型自動車に乗る男性が魅力的に映るのだろうかと!

渋滞中でもスッと車線変更する姿、それほど余裕のないスペースに一発で駐車する姿……そんな男性の運転技術に、女性はいつだってキュンとしてきたはずですから。

 

「キャッ。こんな最新車種に乗れるなんて、経済力があるのね!」

と評価するのか。

「つうか、機械任せのくせにそんなドヤ顔されても」

と酷評するのか。

2020年の女性達の反応が、今からとても楽しみです。

 

最新車種を買う財を蓄えるより、運転技術を磨いた方が女性ウケはいいと思います。5年後も女性の目線は変わらないという、あくまでも個人的見解ですが。

女性のみなさん、違いますか?

(阿部真奈美)

シェア