現代の社会は、決して子育てしやすい環境とは言えません。育児に専念しようと専業主婦の道を歩めば、少子化と地域の繋がりの希薄化で、周囲に相談する人もなく孤独な育児を迫られます。またワーキングマザーという選択をとっても、仕事と家庭の両立や、待機児童問題、学童の確保など、悩みの種は尽きることがありません。

そんな現実を知ってか、女性の心にも変化が表れているようです。

マイナビウーマンが実施したアンケートによると、22~34歳の働く女性のうち「子どもを産みたい」と答えたのは71.5%で、「産みたいとは思わない」という回答は28.5%にものぼりました。
(引用:http://woman.mynavi.jp/article/150114-169/

約3割近い女性が子どもを産みたくないというのは、衝撃的な結果ではないでしょうか。その理由については「子どもが好きではないから」という声もありましたが、一方で「子育てをする自信がない」という思いを口にする人も。

確かに子育てに関する厳しい社会の現状を目の当たりにしていると、ママになるということはとても大変な気がします。
パンパースのCM「MOM’S 1ST BIRTHDAY ママも1歳、おめでとう」に登場するママたちの姿を見ると、その葛藤がとてもリアルに伝わってきます。

 

1歳児健診に病院に訪れたママ。

1歳検診 出典:YouTube

一年間の育児を振り返って、思い思い、これまで背負ってきた不安や葛藤を口にします。

そんなママに、パパたちがこっそり用意したサプライズとは……?

HB②
出典:YouTube

診察室を出ると廊下には、家族の写真とパパかからのメッセージが。
HB③
出典:YouTube

 

お誕生日の主人公は子どもですが、別の見方をすればママやパパに「ありがとう」と伝えるべき日でもあります。

誰だって最初はママ一年生。分からないことだらけで、失敗や戸惑うこともたくさんあるでしょう。そんなママを支えるパパの「本当の幸せっていうものを初めて知りました」という言葉は、優しく、そして力強く、胸に響きます。

HB④
出典:YouTube

CMを通して伝わってくるのは、喜びと不安、そしてたくさんの葛藤をうちに秘めているママの姿。でもそこには1年間の育児を経て、人として大きく成長した女性の美しさが輝いています。

HB⑤
出典:YouTube

子育ては決して簡単なものではないけれど、子どもというかけがえのない宝と、幸せとは何かを知る大切な機会を与えてくれるものなのかもしれません。

(内野チエ)

シェア
内野チエ
ライター。 Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。高校の3年間で1000本以上の映画を鑑賞、ときには原作と比較しながら楽しむ無類の映画好き。